ブライダルフェアで見るべきポイント3つ!!

スタッフの対応・言葉遣い

大事な結婚式は親族だけでなく友人や会社の上司など、お世話になった人たちを招待し、これからもふたりの人生を支えてもらえるようにお披露目する場です。そんな大切なゲストの対応をするスタッフをまずチェックしてください。笑顔や挨拶、姿勢などに気をつけているかの印象が良ければ、おそらく結婚式当日もしっかり対応してくれるレベルであると考えられますよね。当日新郎新婦はゲストと別行動をとることが多いので、フェアの時にしっかり見定めておくのがおすすめです。

エレベーターや駐車場は歩きやすい?

ゲストの中には足が不自由な高齢者、またベビーカーを押してくる人もいるかもしれません。駐車場が遠かったり、披露宴会場に行くまでにたくさんの階段があるようでは、ゲストが疲れてしまいます。また結婚式場は広く迷路のようになっているので、看板や案内板が分かりやすいかも重要なチェックポイントです。何回も打合せで訪れる新郎新婦の目線ではなく、初めて来たゲストでも簡単に分かるような案内があるか、しっかり見ておくといいでしょう。

どこまで融通がきくのか?

憧れている演出やドレスメーカー、ケーキなど、どうしてもふたりの結婚式に使いたいものがあれば、フェアの時に聞いてしまうのをおすすめします。もちろん契約してからでないと持ち込み料などの細かい話まではできないですが、持ち込み自体が禁止されている場合だと後悔することになってしまいます。また手作りの品物でも同じです。式場側がレンタルや購入してほしいものは持ち込みできない場合がありますので気をつけてください。せっかくフェアに行くのであれば、自分たちの結婚式をイメージしつつ会場の雰囲気や料理などを満喫してくださいね。

ブライダルフェアとは、結婚式を考えている人に向けた提案をする場です。ドレスの試着や披露宴の料理などもお試しできます。