結婚式の受付係をスマートにこなすポイント

受付係の役割分担とは

通常の結婚式における受付係になると、新郎新婦の両家、会社の人や友人などからともに2名ずつお願いされることが一般的になります。そのため、芳名帳は新郎新婦側に、両家からそれぞれ1名ずつわかれて受付を進めます。ここで受付係の人が間違えやすいポイントは、お預かりしたご祝儀袋を新郎側と新婦側を一緒にしてしまうことです。芳名帳に記されている通りに分かれて、ご祝儀袋はお預かりしないといけません。いらっしゃったゲストの把握する場合の名簿は、くれぐれもゲストから見えない台の下などにおいておくと良いでしょう。

具体的な仕事内容と挨拶

受付係に選ばれたら、受付を出来る限りスムーズにこなすことが求められます。もっとも効率よく、スマートにこなすコツは、役割分担をきちんとすることです。両家ともに、「ご祝儀お預かり係」と「ご案内係」にわけておくと、受付もバタバタしませんし、招待客をお待たせする時間も短縮できますので、大勢の招待客が予想される式のとき大切になってきます。案内係の仕事は、ゲストへのご挨拶と、記帳へのお願い、配布物を手渡し、控え室の説明などです。

お預かりしたご祝儀袋の管理方法

ご祝儀袋をお預かりする係になった場合、いらっしゃったゲストの把握をするため、ゲスト名簿のチェックをこまめに行ってください。そして、ゲストの方の目に触れない場所で、かつ常に自分が肌身離さず持っていられるよう、お預かりしたご祝儀袋は保管しておきます。特に注意しなくてはならないのですが、急な呼び出しや電話、トイレなどがあった場合、必ず他の受付係が残り、ご祝儀のそばを離れないようにしなければなりません。式が始まりましたら、速やかに会計係にご祝儀と芳名帳を決められた袋にいれて渡しましょう。

太田での結婚式場は、ハウスウエディングやレストランウエディング、結婚専門式場、ホテルなど様々な種類の式場があります。自分好みの式場も見つかります。