結婚指輪と婚約指輪の違いとは!?男性は意外と知らない

婚約指輪とは何かについて

結婚というものに対して、男性と女性とではその意識がずいぶん違っていたりするものですよね。とりわけ男性は、そもそも婚約指輪と結婚指輪の違いすらよくわからないなんて人も多いのではないでしょうか。婚約指輪というのは、文字通り婚約の記念として男性から女性に贈られるものですね。二人の永遠の誓いを表すものとして、永遠の愛の象徴であるダイヤモンドがついている指輪が好まれます。最近では、プロポーズをした後に二人で買いに行くというカップルも多いようですよ。

結婚指輪ってどういうもの?

婚約指輪と違って、結婚指輪は結婚式の時に男女がお互いに交換するペアの指輪のことを言います。婚約指輪は基本的に男性が女性に贈るというのが通常ですが、結婚指輪は二人で付け合うものなんですね。結婚後に左手の薬指にする者は結婚指輪であり、そのため日常的に付けやすいものが好まれます。普段使いに邪魔にならないデザインで、値段も婚約指輪に比べると安い傾向にあります。結婚指輪をしていることが結婚をしていることの証明になったりもしますよね。

結婚指輪と婚約指輪の付け方

結婚指輪と婚約指輪には付け方というものがあることをご存知ですか?婚約指輪は、前述のとおり婚約の証しとして付けるものですが、それは結婚式までは左手の薬指に、結婚式当日には右手の薬指にはめるというのが一種の慣例になっています。結婚式の当日に結婚指輪をお互いに左手の薬指にはめ、神前で互いの指輪を交換するというのが一般的なしきたりです。結婚式の後は、結婚指輪をはめた薬指の上に婚約指輪をはめるんですね。結婚は女性にとってとても特別なものですし、男性も是非ともこうした知識をしっかり身に着けておきたいものですね。

結婚指輪はオーダーメイドの場合作成に意外と時間がかかります。その為入籍日や結婚式までに間に合わせる為、早めに依頼をするようにするとよいです。