結婚式の招待状の書き方やマナーをマスターしよう!

宛名の書き方ポイント

結婚式に招待したいゲストが決まったら、実際に作業にとりかかります。ですが、結婚式の招待状には、普通の手紙と違って、色々なルールがありますので、間違えないようにしたいですよね。まず、宛名書きをする筆記用具にもきまりがあり、毛筆や筆ペンが一般的とされています。筆に慣れていない人や、自筆があまりうまくないと思うかたは、宛名だけでも専門の業者に依頼することもできます。また、招待状のデザインによって違いますが、横書きか縦書きかはそろえておきましょう。

もっと詳しい宛名書きのルール

では、具体的な例をあげてご紹介します。招待状に、郵便番号を書く欄がない場合、横書きの場合は左上に書き、縦書きの場合は右上に書きます。次に切手を貼っていきますが、封書が横書きの場合は右上に、縦書きの場合は左上に貼りましょう。また、貼る切手にもルールがあって、通常結婚式の招待状に用いる切手は「寿切手」や「慶事用切手」というものを使いますので、郵便局で購入しておきましょう。そして、一家族で招待したい人が3人までの場合は、それぞれのお名前に「様」をつけましょう。

招待状を送付しましょう!

招待状を送る前に、最後の確認を必ずしてくださいね。招待状の文面の誤字脱字・句読点や忌み言葉を使っていないか・日時や場所などをきちんと明記しているかをもう一度チェックしましょう。文面がOKでしたら、同封するものの確認として、「返信はがき(返信用切手を貼ってあるか)」「結婚式案内状」「式場案内マップ」「付箋」がちゃんとそろっているかチェックし、送付しましょう。できれば直接手で渡せることが望ましいのですが、遠方にお住まいの方や直接会うのが難しい方には郵送をしましょう。

高崎の結婚式場選びでは、口コミ情報を参考にしておきたいところです。特に式場全体の雰囲気や演出などは、よく確認しておきたいポイントになります。