結婚式には誰を招待するべきか?ポイントを解説!

普段親しく付き合っている人は呼んだほうが良い

結婚式を行うときに一体誰を式に招待するべきか?というのは悩むと思います。最近はそこまで大掛かりにやらずに親族のみで行う結婚式というのも増えてきています。親族のみで行って、それ以外の親しい友人とか、会社の同僚や上司とかを一切呼ばない場合は良いと思いますが、そうじゃない場合には普段から付き合いの多い人、特に仕事関係の人ですね。同僚や上司などを招待しないと、後々トラブルになることもありますから、そこは留意しておくべきでしょうね。

普段から付き合いの薄い人は呼ばなくて良い?

逆に昔かなり親しかったけど、最近は全然音沙汰ないという友人などは、呼んでも呼ばなくてもどっちでも良いと思います。ただし、1つ気をつけないといけないのは、昔付き合いがあった友人でも、呼ぶ人と呼ばない人を分けてしまうと、呼ばれなかった人にどう思われるか?という問題があるので、そこは覚悟しておかないといけないです。したがって、現在そこまで深い親交がなければ呼ばないという選択肢はある意味賢明になる場合があります。

現在、遠くに住んでいる人は呼ばないほうが良い?

現在の住所が遠方地域にあるような人の場合、結婚式に出席するとなると非常に多額の交通費がかかってしまう場合があります。招待されると、交通費が痛いから出たくないと思っていても、出ざるを得ないという人もいるかもしれませんからね。ただ、逆に交通費がかかっても出たいと思っている人もいるかもしれないので、そこの選択は非常に難しいです。負担になるから呼ばないほうが良いという考えの方が強い気もしますが、中にはその負担をしてでも出たかったという人もいる可能性がありますから。ここはよく考えないといけないポイントですね。

越谷の結婚式場には、ベルヴィギャザーホールがあります。県内有数の規模を誇る独立型の大空間のチャペルや海外から取り寄せた本格派のパイプオルガンなどがあります。また此方は有名なデザイナーが手掛けたウエディングドレスが数多くあり人気となっております。